ニュークリートとは

nc06

 

ニュークリートは、爆撃に対するコンクリート補強を研究開発しているイスラエル企業が、コンクリート・モルタルのひび割れ抑制、はく離・はく落防止を目的に作り出したナイロン繊維です。ニュークリートを投入することで、通常のコンクリートでは絶対に得ることができない”靱性(ねばり)”という機能性に優れたコンクリートを製造できます。

JR東日本は2003年1月以降の新設構造物の剥落防止対策として「合成繊維による繊維補強コンクリート」を適用することを決定しました。現在、数種類の合成繊維が該当繊維となっていますが、材質がナイロン繊維であるのはニュークリートだけです。

製品仕様

NCbagコンクリート1㎥あたり1袋を使用します。
1袋は300g軽量で、取扱いが簡単。袋ごと投入して下さい。
1袋の中には1億本以上のナイロン繊維が入っています。
 材 質 ナイロン66
 繊維径 15μm
 弾性係数 4,200MPa
 引張り強度 550MPa
 ナイロン66の物性値
比 重 1.16
吸水性 4.5~8.0%
発火点 650°
融 点 264°
耐アルカリ性 優れている
耐酸・塩性 優れている
耐紫外線・耐久性保持率 100%
燃焼ガスの毒性 有毒ガスは発生しない

 

特性

優れた分散性 特殊表面処理(国際特許取得済み)により、優れた分散性を発揮。
後処理不要 表面に浮き出ることはなく、コテ押さえ等の後処理は不要。
ひび割れ抑制 大量の極細繊維が架橋効果を発揮し、初期ひび割れ段階から抑制。 
ブリーディング抑制  ナイロン繊維が持つ吸水性によりブリーディングを抑え、極細ひび割れを大幅に減少させる。
曲げタフネスの大幅増大 高タフネス繊維ナイロン66が曲げタフネスをおよそ5倍に増大させる。 
抵抗力の向上 コンクリートを密実にすることで、塩、塩素化合物等の侵入を防ぎ、防水性も高める。 
強度の早期発現 早期脱型により工期短縮につながる可能性あり。 
爆裂防止 コンクリート内の蒸気圧を開放することで爆裂を防ぐ。 
トータルコスト低減 コンクリート品質を向上させるため、長期メンテナンスコスト低減につながる。